ホンダは、モトクロス競技専用のオフロード バイク「CRF250R」(車名・型式「ホンダ・ME10」)および「CRF450R」(同「ホンダ・PE05」)の2015年型モデルを受注販売する。8月7日から12月10日までの期間限定で注文を受け付ける。発売日は9月19日。税込メーカー希望小売価格は、CRF250R が76万6,800円、CRF450R が90万7,200円。

CRF250R
CRF250R

CRF250R/CRF450R は、それぞれ 250cc/450cc の水冷4ストローク/4バルブ エンジンを搭載するモトクロス競技専用オートバイ。公道での走行は違法で、車両登録してナンバープレートを取得することもできない。一般的な道路以外の場所であっても、人や車が自由に出入りできる私道、林道、河原、海辺などでの走行は法律違反となる。

両モデルとも、路面状況に合わせてエンジン特性を(1)通常コースコンディション向きの「STANDARD」、(2)マディー路面のスロットル コントロール性を重視した「SMOOTH」、(3)応答性の高いパワー特性とソフト路面でのパワー感を重視した「AGGRESSIVE」の3モードに手元で切り替えられるスイッチを付けた。さまざまな路面で、パワフルでありながら扱いやすくしたという。

CRF250R は、フロントフォークをエアサスペンションとした。そして、左側フォークに圧縮空気によるスプリング機構、右側フォークにはダンパー機構を搭載し、左右の機能を独立させることで走破性向上とセッティング容易化を両立させた。

CRF450R のフロントフォークは、軽量化とフリクション低減で作動性の向上を図った。さらに、フロントサスペンションは幅広いセッティング要求に対応できるよう、伸び側と圧側ともに低速/高速での減衰力調整を行えるようにしている。

CRF450R
CRF450R

いずれも、ラジエターを保護するシュラウドにはホンダ・レーシング(HRC)のワークスマシンをイメージしたストライプを施し、ボディカラーは「エクストリームレッド」を採用した。

そのほかの主な仕様は以下の通り。

【CRF250R】
・全長×全幅×全高:2,181×827×1,271mm
・軸距:1,489mm
・最低地上高:322mm
・シート高:951mm
・車両重量:105.4kg

【CRF450R】
・全長×全幅×全高:2,191×827×1,271mm
・軸距:1,492mm
・最低地上高:330mm
・シート高:953mm
・車両重量:110.6kg