アウディ ジャパンは、コンパクト5ドアモデル「Audi A3/S3 Sportback」およびコンパクトセダン「Audi A3/S3 Sedan」をマイナーチェンジ、8月20日に販売開始した。

Audi A3/S3シリーズは、コンパクトセグメントで高い人気を誇るハッチバック/セダンモデル。最新の軽量化技術により、従来技術での限界を超えた軽さを実現している。


今回の仕様変更では、「1.4TFSI cylinder on demand(cod)」および「1.8 TFSI クアトロ」に、最新のセーフティシステム「アウディブレーキガード付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)」を標準装備。また、内外装をスポーティに仕立てる「S line パッケージ」をオプションで追加設定した。「LED ライトパッケージ(ヘッドライト+ルームライト)」は、全車に対してオプション設定されている。


S3 Sportback/Sedan は、パワートレインに改良がくわえられ、最高出力が5ps 向上した。

そのほか、「Audi connect」には新機能として「Audi connect Navigator」が追加される。この機能を利用すれば、専任オペレーターを介して、施設検索や、レストランやホテルの予約手配が可能になる。

価格については、アウディの Web サイトを参照されたい。