Sunstar は、自転車をオンデマンドで電動アシスト自転車に変える「Virtus」を、ドイツで開催された自転車見本市「Eurobike 2014」で発表した。


自転車を電動アシスト自転車に改造する製品はすでに販売されている。だがそれらは、改造後、もとに戻すのが困難なものがほとんどだ。これに対し「Virtus」は、オンデマンドで自転車を電動アシスト自転車に変えられるのが特長となっている。

自転車を電動アシスト自転車に改造する「Virtus」
自転車を電動アシスト自転車に改造する「Virtus」

Virtus は、自転車から数分で取り外し、他の自転車に取り付けられるように設計されている。このため、利用者が自転車を買い換えた場合でも、Virtus の移行は簡単だ。複数の自転車を所有している場合にも有用だろう。使わないときには、友人に貸せるというメリットもある。

Virtus は、簡単に取り付け/取り外しが可能
Virtus は、簡単に取り付け/取り外しが可能

「Virtus」の重さはわずか3.2キロと小型軽量。最高時速25キロでの走行を実現する250ワットのモーター部分と、自転車の速度やクランクの回転数などを計測するセンサー部分から構成されている。センサーが取得した情報はモーターの回転管理に利用される他、スマートフォンに送信され、パフォーマンストラッキングにも利用可能だ。

「Virtus」パッケージの内容
「Virtus」パッケージの内容
大容量バッテリーなどのオプションも用意されるようだ。現時点では、価格や発売時期については明らかにされていない。

リアキャリアに取り付ける大容量バッテリー(オプション)
リアキャリアに取り付ける大容量バッテリー(オプション)