今年1月販売開始された新型「ゴルフ ヴァリアント」に、R-Line モデル「ゴルフ ヴァリアント R-Line」が9月2日追加設定された。


今回導入された「ゴルフ ヴァリアント R-Line」のベース車両は、上級グレード「ゴルフヴァリアント TSI ハイライン」。これに「Volkswagen R GmbH」が企画、開発した R-Line 専用パーツが追加装備されている。


外観は、フロントとリヤに R-Line 専用のバンパーを装着。サイドビューではサイドスカートと、専用デザインの17インチアルミホイールが目をひくアクセントとなっている。フロントグリルには「R-Line」ロゴ入りエンブレムが取り付けられ、スポーティでありながら洗練された雰囲気を醸し出している。


内装では、シートには「R」ロゴの刺繍が入った R-Line 専用のファブリック&アルカンターラスポーツシートを採用。レザーステアリングの中央下部には、「R」のロゴプレートが取り付けられている。ペダルクラスターには、専用のアルミ調のものが採用された。




ボディカラーは有償オプションカラーを含む全6色。希望小売価格は359万9,000円。