ホンダは、新型の燃料電池自動車(FCV)のコンセプトカー「Honda FCV CONCEPT」と、FCV から最大出力9kW の AC 出力を可能にする外部給電器のコンセプトモデル「Honda Power Exporter CONCEPT」を公開した。このコンセプトカーをベースにした新型 FCV の、2015年度中の発売を目指すとしている。





「Honda FCV CONCEPT」は、次世代 FCV のコンセプトカー。搭載される新開発の燃料電池スタックは、従来型より33%の小型化を図りながら、出力は100kW 以上、出力密度は3.1kW/L と従来比で約60%の向上を実現。その小型化された燃料電池スタックを含むパワートレインを、市販車として世界で初めてセダンタイプのボンネット内に集約して搭載した。これにより、大人5人が快適に座れる、ゆとりあるフルキャビンパッケージを実現するとともに、将来の FCV の普及拡大期において、複数の車種に展開することを可能としている。




「Honda FCV CONCEPT」では、70MPa の高圧水素貯蔵タンクを搭載し、700km 以上の航続距離を実現。水素タンクの再充填は約3分程度という短時間で完了し、現在のガソリン車と同等の使い勝手を可能にする。


また、FCX クラリティで実証試験を積み重ねた、外部給電機能を装備。FCV と外部給電器「Honda Power Exporter CONCEPT」を組み合わせることで、災害時などには「走る電源」として、クルマが作る電力をコミュニティに提供することもできる。



ホンダは、FCV と外部給電器に加え、高圧水電解システムを採用したパッケージ型「スマート水素ステーション」の普及促進を図り、CO2 ゼロ社会の早期実現を目指すとしている。