マツダは、2014年のロサンゼルスオートショーに合わせ、フラッグシップ・カー「Mazda6(日本名:マツダ アテンザ)」の改良モデルを公開した。インテリアの刷新を中心に、エクステリア、機能性、乗り心地、静粛性、安全性の向上も図っている。



主な改良点としてインストルメントパネルやセンターコンソールの造形を変更し、インテリアを一新。独自コンセプト「Heads-up Cockpit」に基づき、ドライバーオリエンテッドな運転席と開放的な助手席空間の両立を目指したデザインを採用。加飾や素材の質感、パーツのつながりや統一感を向上した。




エクステリアは、より精悍、エレガントな表情を出せるよう新デザインのフロントグリルやシグネチャーウィング、LED ヘッドランプなどを装備する。


ディーゼルエンジン・モデルには新型 AWD システムを設定し、路面環境の変化や天候に対応しより安全な走行を可能にする。ミリ波レーダーなどを使った事故防止、低減技術「i-ACTIVSENSE」も改良して搭載しており、新型ヘッドランプ、アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)などの装備と組み合わせて運転時の安心感を高める。サスペンションシステムの改良や、車体各部の遮音性能向上、シート性能の改良なども行っている。

オートショーに出展している米国仕様車の主要諸元は次の通り。5人乗りのセダンで、車体サイズは全長192.7×全幅72.4×全高57.1インチ(約489×184×145cm 相当)、ホイールベース 111.4インチ(約 283cm 相当)。「SKYACTIV-G 2.5」ガソリンエンジンを搭載し、トランスミッションは6速 MT の「SKYACTIV-MT」および6速 AT の「SKYACTIV-Drive」。駆動方式は FWD。最大出力は 184 HP / 5,700 rpm、最大トルクは 185 ft-lb / 3,250 rpm。