ピークを迎えたふたご座流星群を、湖の上から見られる特別クルーズが、12月14日静岡県の浜名湖遊覧船で運航される。

湖上から夜空を見よう
湖上から夜空を見よう

浜名湖遊覧船では、以前からさまざまな星空観望クルーズを実施しており、今回もその1つ。

ガイドから冬の星座にまつわる解説を聞きながらふたご座流星群を楽しめる。双眼鏡の貸し出しもあるほか、湖岸の「フラワーパーク港」では天体望遠鏡を使って夜空を楽しめるイベントもある。

過去の星空観望クルーズのようす
過去の星空観望クルーズのようす

もっぱら親子、カップル連れ向けのイベントではあるが、1人から参加できる。

このクルーズに使うのは双胴船「ハイビスカス」。定員150人で冷暖房、トイレ備を備えている。19時15分にフラワーパーク港を出航する。全行程は1時間15分程度。

帰港後のイベントも
帰港後のイベントも

クルーズ料金は双眼鏡の貸し出し料など込みで大人1,000円、小人・幼児500円。詳しい情報は、浜名湖遊覧船の Web サイトで公開している。まだ12月12日時点では予約に若干の空きがあるそう。

なお、当然ながら晴天のみ運航するクルーズで、雨天では中止となる。12月14日の浜名湖の天気予報は、12日時点では「晴れときどき曇り」となっている。