日産自動車の SUV「エクストレイル」に特別仕様車「ブラック エクストリーマー X」が設定された。2015年1月15日から販売が始まる。エクステリアをダークカラーに変更して精悍な印象を出したほか、 LED ヘッドランプなどを標準装備した。

エクストレイルにダークカラーの特別仕様車が登場
エクストレイルにダークカラーの特別仕様車が登場

ベースモデルは「エクストレイル エクストリーマー X」。4WD システム「ALL MODE 4×4-i」による走行性能の高さと自動ブレーキなどの安全装備に加え、フロントオーバーライダやアンダーカバー、大型フロントフォグランプやアルミホイールなどを採用し、 SUV としての野性味ある雰囲気を出している。
ベースモデル「エクストレイル エクストリーマー X」
ベースモデル「エクストレイル エクストリーマー X」

特別仕様車は、フロントオーバーライダ、アンダーカバー、フロントグリル、アルミホイールなどをダークカラーに変更。合わせて、LED ヘッドランプやルーフレールを標準装備した。

商品企画にはプロ スノーボーダー角野友基選手が参加している。角野選手はエクストレイル エクストリーマー Xのオーナーでもあり、企画時にユーザーとしての意見を寄せたという。

希望小売価格は281万3,400円(税込)から。