ボルボブランドの「V40」「V40 Cross Country」「V70」「XC70」「S80」の一部仕様が変更された。従来オプションだった安全装備、運転支援機能を標準搭載した。

V40 等の仕様を一部変更
V40 等の仕様を一部変更

従来オプション設定だった「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」や「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」をはじめとする安全装備、運転支援機能にリアビューカメラを加え、全モデル、全グレードに標準装備した。

以下に各車種のイメージを紹介する。すべてアクセサリ装着車となっている。

V40
V40


V40 Cross Country
V40 Cross Country


XC70
XC70


S80
S80

インフォテインメントシステム「SENSUS(センサス)」も改良。インターネット接続機能や音声認識のボイスコントロール機能を追加し、操作画面を一新。カーナビゲーション連動型 ITS スポット(DSRC)対応 ETC 車載器を標準装備し、地図データの無償更新にも対応する。

ステアリングホイール上のボタンとスクロールスイッチに加え、音声操作が可能になりナビの目的地設定やラジオ選曲、電話機能などをステアリングから手を離さずに利用できるようになった。

また、harman/kardonスピーカー採用のプレミアムサウンド・オーディオシステムを一部モデルにオプション設定。総出力650W のデジタルアンプに、10~12個のスピーカを組み合わせる。さらにスウェーデン Dirac Research 製の次世代音質・音場補正ソフトウェアを採用しており、すべての各座席で臨場感ある音響を楽しめるという。

希望小売価格は5ドア・ハッチバック「V40」が315万円(税込)から。