マツダは新型スポーツカー「LM55」を公開した。現実ではなく、ドライビングシミュレーションゲーム「グランツーリスモ6」の世界に存在する幻のクルマだ。


グランツーリスモ6 は据え置きゲーム機「プレイステーション3」のキラータイトルとして知られる。マツダはゲームの開発元であるポリフォニー・デジタルと協力して仮想のスポーツカーを制作、公開した。

同ゲームのクリスマスアップデートを導入すると、「ビジョン グランツーリスモ」コーナー内から入手できる。

マツダが実在のクルマ向けに採用する「魂動」デザインに着想を得て、俊敏さと優雅さの融合を図った大胆なシルエットに仕上げている。


魂動デザインの特徴であるフロントマスクをもとに、1991年にル・マン24時間耐久レースで総合優勝した「787B」を彷彿とさせるデザインとしている。


なお、YouTube には LM55 を紹介する動画も公開されている。