レトロポップなスタイルの原付1種(50cc)スクーター、ヤマハ「ビーノ XC50D」の2015年モデルが、2月14日から販売開始される。


2015年モデルでは、女の子らしいスタイルを好む女性向けの≪Vino Girl≫、ボーイッシュでアクティブな女性向けの≪Vino Boy≫と2つのスタイルが設定された。

女の子らしいスタイルを好む女性向けの≪Vino Girl≫
女の子らしいスタイルを好む女性向けの≪Vino Girl≫

≪Vino Girl≫のコンセプトは、「キラキラネイルやゆるふわ内巻きヘアみたいに 見るたび気分がアガる!ワタシの Vino は、カワイイ系」。新色の「マットダークグレーメタリック1」(マットグレー/ベージュ)が設定されている。ビーノ初のマットカラーをベージュ系ボディと調和させ、ホイール、フラッシャーカバーもベージュとして細部までコーディネイトを図った。

新色の「マットダークグレーメタリック1」(マットグレー/ベージュ)
新色の「マットダークグレーメタリック1」(マットグレー/ベージュ)

≪Vino Boy≫のコンセプトは、「街へお出かけ、大好き知らない場所へ冒険、もっと好きカッコイイ系 Vino なら思いっきりアクティブになれる」。イエローとホワイトをアクセントに使った「ビビッドブルーメタリック1」(ブルー/ブラック)を新設定している。

新色「ビビッドブルーメタリック1」(ブルー/ブラック)
新色「ビビッドブルーメタリック1」(ブルー/ブラック)

なお、今回も開発は、女性デザインチームが担当している。

■Vino Girl
・マットダークグレーメタリック1(新色:マットグレー/ベージュ)
・パープリッシュレッドメタリック5(ピンク/ベージュ)
・ビビッドレッドキャンディ2(レッド)
・ダークレディッシュグレーメタリック2(ダークブラウン)
・ダークグレーイッシュブルーメタリックA(ブルー/ベージュ)

■Vino Boy
・ビビッドブルーメタリック1(新色:ブルー/ブラック)
・ブラックメタリックX(ブラック/マットブラック)

メーカー希望価格は、20万4,120円。