大手タクシー会社でスマートフォン向けサービスにも力を入れている日本交通で、高級感のある「VIP タクシー」の運行が始まった。通常の運賃に加えて1,080円の追加料金を負担すると利用できる。

黒いクラウンが利用できます
黒いクラウンが利用できます

この VIP タクシーは、無料の無線 LAN(Wi-Fi)と10.2型の液晶テレビを備えた「クラウン・ハイブリッド」。日本交通が選抜した優れたドライバーが運転を担当する。

社名表示灯もクールに
社名表示灯もクールに

ふかふかしてそう
ふかふかしてそう

日本交通といえば、スマートフォンから簡単にタクシーを呼び出せる配車アプリケーションに力を入れていることでも知られるが、今回の VIP タクシーは同アプリの最新版から注文できる。

注文はアプリから
注文はアプリから

ところで黒い高級車によるハイヤー/タクシーにアプリの組み合わせと来れば、Uber が日本でも展開する「UberBlack」「UberTAILUX」といったサービスを思い出す訳だが、日本交通に問い合わせたところ「特に意識はしていないですね」とのこと。