日産自動車の高級セダン「フーガ」が2月中旬に一部改良される。Web サイト上ではそのエクステリアの先行公開が始まった。1月29日にはインテリアも含め、さらに詳細なデザインがお目見えするという。



フーガは2004年の登場以来、日産の旗艦モデルという位置付けになっている。2009年発売の2代目モデルからは海外で「インフィニティ Q70」の名称でも販売してきた。

2月の改良ではエクステリアを変更する以外にも、装備面も強化。「歴代の中で最もラグジュアリーでダイナミックなモデルに進化する」そうだ。

安全装備の強化や各種の先進技術、性能を採用するとしている。先行発売した「スカイライン」と併せて、高級車としての地位をより固める狙いだ。