最近しゃれたデザインも増えたカップ酒。今度は新潟県の酒蔵、吉乃川から北陸、上越新幹線をモチーフにした「新幹線飲みくらべセット」が1月26日より蔵出しされることになった。

E7 系のカップに入った純米酒
E7 系のカップに入った純米酒

北陸新幹線の長野駅~金沢駅間の開業に合わせたセット。上越、北陸両新幹線の沿線近郊のお土産向けだが、ショッピングサイトなどを通じて全国から買えるそう。

吉乃川によると、「新しい新幹線の車内で過ごす時間や、初めて訪れる土地や旅館でのひとときを、期待感あふれるものへと演出できれば」という考えで作ったそう。

つまり新幹線の中で「カポッ」と開ける飲み方を想定している。

セットの内容は「純米 北陸新幹線E7系カップ」「吟醸 上越新幹線E4系カップ」「新潟紀行カップ」各1本で、それぞれ米どころ新潟の純米酒、普通酒、吟醸酒。酒質の違う個性を楽しめるそう。

E4 系のカップに入った吟醸酒
E4 系のカップに入った吟醸酒


「新潟紀行」カップの普通酒も
「新潟紀行」カップの普通酒も

ただし 1本 180ml あるので、新幹線乗車中に全部あけると、人によっては結構酔ってしまうかもしれない。北陸新幹線 E7 系と上越新幹線 E4 系のカップは単品でも購入できるので、そちらを選ぶのもよいだろう。

飲みくらべセットの価格は1,100円(税別)。