BMW(ビー・エム・ダブリュー)の「M4」クーペに、「ドイツ・ツーリング・カー選手権(DTM)」での栄冠を記念した特別仕様車「M4 DTM Champion Edition(ディーティーエム・チャンピオン・エディション)」が設定された。日本での販売台数は5台。2月末まで予約を申し込める。申し込みが多い場合は3月上旬に抽選で購入できる人が決まり、5月から納車となる。



BMW では DTM の2014年シーズンに M4 で新たに参加。Marco Wittmann(マルコ・ヴィットマン)選手が年間ドライバー・チャンピオンを獲得した。今回はこれを記念して特別仕様車を設定。ヴィットマン選手の車両ナンバーと同じ数の23台限定で世界販売するが、そのうち5台が日本向けとなる。

いずれも右ハンドルで、トランスミッションは 7速 M DCT。エクステリアは実際のレース車両をモチーフとし、アルピン・ホワイトのボディカラーに、カラフルなラインを描いたマットブラックのボディフィルムをボンネットとトランクリッドに装着している。

レース車がモデル
レース車がモデル

このほかの特別装備はオレンジのカラーで縁取った専用ブラック・キドニー・グリルや、ブラックの塗装を施した19インチ・アロイ・ホイール、カーボン・ファイバ製のフロント・スプリッタ、リヤ・トランク・スポイラなどだ。



インテリアで目を引くのはブラックのメリノ・レザー・シートに、ウォーク・ナッパ・レザー仕上げのインスツルメントパネル、アルカンタラ仕上げのステアリング・ホイール。またカーボン/アルカンタラ・ハンド・ブレーキ・グリップなどの特別装備も採用している。さらにカーボン・ファイバ製のインテリア・トリムに、ヴィットマン選手のサインとともに全世界で23台限定であることを示すシリアル・ナンバを施しており、スポーティな雰囲気をただよわせている。



希望小売価格は1,399万円(税込)。