光岡自動車のコンパクトセダン「Viewt(ビュート)」に、質感を高めた新グレード「12ST プレミアム」が追加設定された。1月30日から販売が始まる。


ビュートは日産の「MARCH(マーチ)」をベースにレトロなデザインに仕上げたパイクカーとして知られる。今回の 12ST プレミアムは下位グレード「12ST」をもとにメッキドアハンドルや、メッキインナハンドル、メッキエアコンセンタ吹き出し口ノブを採用した。

運手席周りにシルバーフィニッシャを装備し、シート生地に最上位グレード「12LX」と同様のエンボススエード調トリコットを採用して質感向上を図っている。リヤ可倒式シート(6:4 分割)も取り付けている。




エンジンは 1200cc で、トランスミッションは CVT。駆動形式は 2WD。希望小売価格は 12ST より11万8,800円高の239万7,600円(税込、以下同じ)。