Volkswagen(フォルクスワーゲン)の旗艦車種である SUV「Touareg(トゥアレグ)」の新モデルが発売された。4年ぶりにデザインと機能を一新。自然吸気の3.6 L V6 エンジンを搭載の基本グレード「V6」、さらにより充実した安全装備とパワーレザーシートを備えた上位グレード「Touareg V6 Upgrade Package」がラインナップに上がっている。


エクステリアは水平基調を強調した最近のフォルクスワーゲンのデザインを踏襲し、フロント、リヤ、サイド部分にクロームパーツをあしらって、優美さと高級感を意識している。ラジエタグリルは、センターの VW マークを中心に4本のクロームモールを水平方向に伸ばし、その両端には先鋭なデザインの LED ポジションライト付きのバイキセノンヘッドライトを装着している。


フロントバンパーの左右にある大きなエアインテークに挟んだ中央部分のエアインテークにも、ラジエタグリルと同じ横幅で3本のクロームモールを付けている。その下には、より太いクロームモールがバンパ幅いっぱいに広げた。これは前後のバンパと左右4枚のドア下部に、クルマの周囲を取り囲むように取り付けており、車高を低く見せる視覚効果を狙っている。

フロント下部のアンダーガードにもクロームモールがあり、左右のフォグランプと18インチアルミホイールも新しいデザインに変更している。

インテリアは従来デザインを踏襲。視界が高くゆったりとした室内で、インストルメントパネルは、「Touareg V6」の場合シルバーメタリックのデコラティブパネルを装着。「Touareg V6 Upgrade Package」では、高級感のあるウォールナット製のウッドデコラティブパネルだ。メーター類およびオートエアコンなどの操作ボタンは、視認性に優れた白色の内照式。細かなレタリングを施して高級感を打ち出している。



また大きな2 つのアナログメーターのあいだに、微細なドットで鮮明にカラー表示するマルチファンクションディスプレイを搭載。センターコンソールには、純正ナビゲーション
システム「RNS850」を標準装備する。8型ディスプレイを備え、3メディア VICS やボイスコントロールを搭載した 60GB HDD を採用。メディアセンター(CD 録音機能)、ETC 車載器、フルセグ地上デジタル TV チューナ、iPod 連携などの機能がある。


次に安全装備だが、グレード共通のものは次の通り。30km/h 未満での走行中に、自動的にブレーキを作動させて、前方障害物への衝突を軽減するシティエマージェンシーブレーキを含むプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist Plus」、追突にあった場合、時速 10km/h 以下になるまで自動ブレーキをかけ、2次被害を軽減するマルチコリジョンブレーキ、全車速で先行車との車間、車速を自動的に調整しながら追従走行することができるアダプティブクルーズコントロール(ACC)。


上位グレードである Touareg V6 Upgrade Package だけの標準装備もある。65km/h 以上での走行時に、フロントガラス上部にあるカメラが、ドライバーの意図しない車線逸脱を検知すると、ステアリングを振動させるなどドライバーに注意を促すレーンディパーチャーワーニングシステム「Lane Assist」と、30km/h 以下での走行時にリヤバンパーのセンサが接近車両を検知した際、ドアミラーの専用インジケータを点灯させるなどしてドライバーに注意を促すレーンチェンジアシストシステム「Side Assist」だ。Touareg V6 Upgrade Package にはさらにレザーパワーシートも採用している。

ボディカラーは新色リーフブルーメタリック、ムーンライトブルーパールエフェクト、サンドゴールドメタリック、ブラックオークブラウンメタリック、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトを含め合計8種類。インテリアもチタンブラック、コーンシルクベージュ、ナチュナルブラウンの3種類から選べる。