Mercedez-Benz(メルセデス・ベンツ)の「E クラス」(セダン/ステーションワゴン)と「CLS クラス」(クーペ/シューティングブレーク)に、高出力エンジンを搭載した新グレードが加わった。「E 400 AVANTGARDE」「CLS 400」として販売が始まっている。

E 400 AVANTGARDE
E 400 AVANTGARDE

高出力のエンジンを搭載する
高出力のエンジンを搭載する

E 400 AVANTGARDE は、従来グレード「E 350 AVANTGARDE」と同じく、希薄燃焼(リーンバーン)により燃費効率を高められる 3.5L V型6気筒 BlueDIRECT エンジンを搭載。ただし吸気をツインターボ過給とし、最高出力を従来に比べ27PS 上積みして 333PS に、最大トルクも 110Nm 上積みして 480Nm に高めている。なお、E 400 AVANTGARDE の追加に伴い、E 350 AVANTGARDE は廃止となる。

また E クラスへの新グレード追加に合わせて E 400 Coupe にも右ステアリングのモデルを設定している。

一方、CLS 400 も、希薄燃焼に対応し、ツインターボ過給を行う 3.5L V型6気筒 BlueDIRECT エンジンを搭載する。最高出力は 333PS、最大トルクは 480Nm だ。

CLS 400
CLS 400

こちらも高出力が特徴
こちらも高出力が特徴

これに加え、足回りの印象を引き締める19インチ AMG マルチスポークアルミホイールをはじめとする「AMG ライン」を標準装備する。またスポーティな乗り心地が出るよう、エアスプリングと連続可変ダンパを電子制御して優れたロードノイズ特性、タイヤ振動特性を実現する「AIRMATIC(エアマティック)サスペンション」も搭載する。さらに前方の交通状況を1秒間に約100回検知し、片側24個の独立した LED 照明を瞬時に個別制御してヘッドライトの照射範囲を最大化する「マルチビーム LED ヘッドライト」も採用する。

いずれも新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証・メンテナンスサービスと24時間ツーリングサポートが付いた総合保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用となる。

またメルセデス・ケア終了後に、一般保証および24時間ツーリングサポートを2年間延長する有償の「保証プラス」、そして4、5年目のメンテナンスの際に初回車検時および4年目の点検や定期交換部品、消耗品の交換を受けられる「メンテナンス プラス」が利用できる。メンテナンス プラスは、新車登録日から59か月後の応当日の前日または総走行距離 7万5,000km 到達時のいずれか早い時点で終了となる。

希望小売価格は E 400 AVANTGARDE が938万円(税込、以下同じ)から、CLS 400 は969万円から。