3月2日はBMW の小型車「MINI」の記念日、ミニの日。これに先立ち、特別パッケージ・オプション「MINI 13th Anniversary Package(サーティーンス・アニバーサリー・パッケージ)」が130台限定で販売開始された。またミニの日に合わせて、MINI のショールームではネスレ日本のカプセル式コーヒーマシンで淹れたコーヒーが楽しめる。


MINI 13th Anniversary Package は、2014年春にフルモデル・チェンジした MINI Cooper 3 Door(ミニ・クーパー・スリー・ドア)用のパッケージ。MINI が備える英国生まれならではのスタイルと洗練された魅力を強調するため、高級感を重視したオプションを組み合わせている。16インチアロイホイール、LED ヘッドライト、レザーシート、カーナビゲーションシステム、クロームミラーキャップなどで、通常価格だと総額約100万円相当のところ、70万円(税込、以下同じ)に抑えたという。

MINI Cooper 3 Door の希望小売価格は350万円なので、パッケージとの合計で420万円になる。

このほかのミニの日に合わせた催しとして、全国の MINI ショールームにあるネスレのコーヒーマシンから自由に試飲ができる「MINI Cafe produced by NESCAFE Dolce Gusto」がある。東京・丸の内にある旗艦ショールーム BMW Group Studio で実施予定のミニの日記念イベントでも楽しめる。

ちなみにコーヒーマシンは、 MINI を象徴する2本のストライプラインをあしらった限定版「ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ2 MINI」。この製品はネスレの直販サイトで購入することも可能。本体のほかにドライブ中にコーヒーが楽しめる MINI のロゴ入り「トラベルマグ」や、さまざまな味のコーヒーが淹れられる「バラエティカプセル」が付いている。