2K(2,304×1,296ドット)解像度、45fps という高精細でなめらかな動画を撮影できる一般向けドライブレコーダ「Driveman1080sα」がアサヒリサーチから発表された。車内に設置しやすい小型サイズながら、鮮明な録画を残せるのが魅力だ。


ドライブレコーダ市場では、フル HD(1,920×1,080ドット)解像度の市販品も普及しつつあるが、高性能化の流れは止まるようすはない。Driveman1080sα では映像の滑らかさの目安となるフレームレートも 45fps と従来品の 27.5~30fps から向上している。


なお HD(1,280×720 ドット)解像度で撮影する場合は、60fps も選べる。ただし録画の中で LED 信号機が消えて見える問題を回避するためには 45fps が適当だ。

エンジンがかかると自動で撮影を始める常時録画機能や、衝撃を受けた際に記録中の映像を保護するための G センサも搭載。背面には2型のディスプレイも備える。


記録媒体として最大 64GB の microSDXC メモリーカードに対応し、8GB の microSDHC カードが付属する。GPS 機能はオプションとなっている。本体サイズは 54×77×35mm。