新潟エリア(越後湯沢~新潟間)を中心とした上越新幹線区間 で、アートとスイーツが楽しめるアートカフェ新幹線「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」の運行が2016年から開始される。

「GENBI SHINKANSEN」のコンセプトは 「旅する現代アート&カフェ空間」。アートが元気な新潟エリアで、新しい旅の空間を提供する。

アートとスイーツが楽しめる  「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」
アートとスイーツが楽しめる
「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」

「GENBI SHINKANSEN」の外観デザインを担当するのは、写真家の蜷川実花氏。列車自体をキャンバスに見立て、外観に「長岡の花火」を描き出す大胆なデザインを行う予定だ。

「GENBI SHINKANSEN」の外観デザインを担当する蜷川実花氏
「GENBI SHINKANSEN」の外観デザインを担当する蜷川実花氏

ベース車両は E3 系。どんなラッピングが施されるのか
ベース車両は E3 系。どんなラッピングが施されるのか

6両編成の車両のうち、「カフェ空間」には中程の1両があてられる。カフェでは魚沼産コシヒカリの米粉を生かしたケーキやマドレーヌなどを製造する菓子工場「十日町すこやかファクトリー」と、著名な菓子研究家が協力して製造したメニューが提供される予定だ。同車両には、こどもがアートに触れられる空間「キッズスペース」も用意される。

その他の車両はすべて「アート空間」。絵画、立体、写真、映像、テキスタイルなどの現代アートを中心とした作品の展示が予定されている。

「GENBI SHINKANSEN」を発表した JR 東日本では、山形新幹線の車内で「足湯」を楽しめる「とれいゆ」の営業運転も実施している。「GENBI SHINKANSEN」も「とれいゆ」も、鉄道を単なる「移動手段」から「旅行の目的」へと変える同社の試みの一環となっている。

山形新幹線の車内で「足湯」が楽しめる「とれいゆ」
山形新幹線の車内で「足湯」が楽しめる「とれいゆ」

紅花色の湯船が2槽設置されている
紅花色の湯船が2槽設置されている

足湯を楽しんだあとは、畳の座敷のある「湯上りラウンジ」でくつろげる
足湯を楽しんだあとは、畳の座敷のある「湯上りラウンジ」でくつろげる