ウルトラコンパクトクラスのコンセプトカー「LEXUS LF-SA」が、スイス・ジュネーブで開催される2015年ジュネーブモーターショーに出展される。


「LF-SA」は、最新技術による自動化が進む中で、ドライバー自らが運転する歓びを表現するデザインスタディモデル。LEXUS が今まで踏み込まなかった領域となる「2+2」シーターのウルトラコンパクトクラスで、究極のラグジュアリーを具現化している。


都市での使用を想定し、狭い場所で取り回しのしやすい全長3,450ミリ、全幅1,700ミリというウルトラコンパクトなサイズを実現。LEXUS のフラグシップカーである LS600h よりも、全長で1,640ミリ、全幅で175ミリ短いパッケージを提供する。


エクステリアでは、フロントエンブレムを中心とした放射パターンのスピンドルグリルが立体的にフロントフェンダーへ続き、ボディの踏ん張り感を強調。サイドに張り出した L 字のリヤコンビネーションランプ、二段重ねの立体構成にスピンドル形状を合わせたリヤデザイン、および車両各部に採り入れたアローヘッド形状などが、LEXUS の記号性を追求している。



インテリアでは、大きく弧を描いたダッシュボードが広い室内を演出。運転席は固定され、ステアリング・ペダルを位置調整可能とすることで、シティユースでも快適で広々とした運転空間を実現している。助手席はスライド可動式とし、後席への乗降性に配慮した。



「LF-SA」とは、「Lexus Future Small Adventurer(未来の小さな冒険者)」の意味。未来の生活スタイルにおいても運転の歓びを追求する精神が込められているという。