ホンダ「VT1300CX<ABS>」のカラーバリエーションが変更され、3月13日に販売開始される。


「VT1300CX」は、水冷・4ストローク・V型2気筒1,300cc エンジンを搭載した大型クルーザーモデル。フレームのハンドル支持部分が従来より高く設定され、フロントホイールがより前方へ配置されたことで、フレームとエンジンの間に大きな空間を生み出す「ハイネックスタイル」を実現している。


今回、車体色に新採用されたのは「キャンディープロミネンスレッド」。フレームをブラックに、前・後のアルミキャストホイールをマットグレーに仕上げ、引き締まったイメージとした。

継続色の「グラファイトブラック」は、フレームをブラックからグレーに、前・後のアルミキャストホイールをブラックからブラウンメタリックに変更することで、シックな中にも高級感を演出している。


カラーリング変更に伴い、「VT1300CX」のタイプ設定が見直され、ABS 標準装着タイプのみの設定となった。メーカー希望小売価格は、従来モデルより6万4,800円低い140万4,000円。