「at home VOX(アットホームボックス)」は、「新幹線通勤」についての調査を実施。新幹線通勤を望むのは、特に30代女性に多いことを明らかにした。


◆「北陸新幹線に乗ってみたい」55.6%、 50代女性が最も多く66.1%
3月14日開業の北陸新幹線に乗ってみたいか尋ねたところ、調査対象者の55.6%が「はい」と回答した。多くの人が、新幹線に乗ること自体を、旅の楽しみの1つととらえているようだ。


男女・年代別に見ると、「乗ってみたい」人が多いのは50代女性でその割合は66.1%。30代女性でも59.7%と約6割が「北陸新幹線に乗ってみたい」と考えていることがわかる結果となった。

男女・年代別の、「乗ってみたい」人の割合
男女・年代別の、「乗ってみたい」人の割合

◆「交通費が支給されるなら新幹線で通勤したい」47.2%、30代女性が最も多く59.7%

交通費が会社から支給されるとしたら新幹線で通勤したいかを尋ねたところ、47.2%が「はい」と回答。半数近くが「新幹線通勤をしたい」と考えていることがわかった。


新幹線通勤であれば、朝のラッシュに揉まれることなく、快適なシートでリラックスしたり、一足早く仕事を始めたりできる。食べ物を持ち込んで、朝食の時間にあてることも可能だ。

男女・年代別で見ると、「新幹線通勤をしたい」と考える人が最も多かったのは30代女性で、59.7%と約6割にのぼった。30代女性は、他の年代に比較して、通勤に対してより快適さを求める傾向にあるようだ。また、都心部からは若干離れた場所にある、実家からの通勤を望む女性も、30代には多いと考えられる。

男女・年代別の、「新幹線通勤を希望する」人の割合
男女・年代別の、「新幹線通勤を希望する」人の割合

調査対象者は全国の20~50代の男女500名。調査期間は2015年2月18日から19日。調査インターネットリサーチで実施された。