スイスの山々を「箱根登山電車」のロゴを描いた列車が駆け抜けた。鮮烈な姿はインターネット上で話題を呼び「なぜだ」「スイスは日本の漢字が好きなのか」とおかしな噂にもなった。ところで実はスイスではこの列車を走らせるだけでなく、模型まで作って日本に贈っているのはご存知だろうか。

世界でただ1台の「スイスの箱根登山電車」模型(出典:ガーデンレイルウェイ・カフェ)
世界でただ1台の「スイスの箱根登山電車」模型(出典:ガーデンレイルウェイ・カフェ)

■100年前からつながっていたスイスと箱根


まず、すべての物語は100年以上前にさかのぼる。1907年、海外漫遊から帰国した日本人が、スイスの優れた登山鉄道の見聞を小田原電気鉄道に伝え、それをもとに箱根に登山鉄道を通す計画が開始する。日本の技師がスイスにおもむき、急勾配を通常の線路で走る「Berninabahn(ベルニナ鉄道)」に注目。参考にしながら箱根登山鉄道を完成させたのだ。

箱根登山鉄道は、もともとスイスの鉄道を参考に作られた
箱根登山鉄道は、もともとスイスの鉄道を参考に作られた

箱根登山鉄道はその後、着々と営業を続け、1979年には60周年を迎えた。この機に旧ベルニナ鉄道を受け継ぐ「Rhätische Bahn(レーティッシュ鉄道)」に姉妹提携を申し入れ、快諾を得ている。

■箱根の「氷河特急」が生み出したスイスの「箱根登山電車」


2009年、箱根登山鉄道は姉妹提携30周年を記念し、レーティッシュ鉄道の顔といえる特急列車「氷河特急(グレッシャー・エキスプレス)」の塗装をした列車を箱根に登場させた。
 
スイスの氷河特急(出典:箱根登山鉄道/レーティッシュ鉄道)
スイスの氷河特急(出典:箱根登山鉄道/レーティッシュ鉄道)

氷河特急の塗装をした箱根登山鉄道の2000形車両(出典:箱根登山鉄道)
氷河特急の塗装をした箱根登山鉄道の2000形車両(出典:箱根登山鉄道)

すると翌2010年。レーティッシュ鉄道が箱根を表敬訪問し、今度は箱根登山鉄道のロゴを、ぜひスイスを走る列車にラッピングしたいと申し出る。さらに実際に保有する機関車のひとつ「Ge4/4 II型」の622号にロゴ塗装を行い、箱根登山鉄道の代表が現地を表敬訪問した際に披露した。

この件について、スイス政府観光局に詳しい話を聞いたところ、スイスでは機関車に企業のロゴをデザインして走らせる「アド列車」はよくあり、スーパーマーケットの「COOP」や土木建設会社の「Holchim」など、各社のロゴを全面にあしらった機関車が走っている。通常は有料の年間契約だが、箱根登山鉄道については長きにわたる姉妹提携を祝し、無料で塗装したという。

それがスイスの山々を走った「箱根登山電車」の正体だ。必ずしも、スイスの人が漢字をかっこいいと思ったから、という話ではないようだが、レーティッシュ鉄道と箱根登山鉄道のあいだに通い合う信頼は確かなものだ。

ところで、2つの鉄道会社の物語にはまだ続きがある。

■「スイスの箱根登山電車」は G ゲージに


2014年。姉妹提携35周年を記念し、箱根登山鉄道はレーティッシュ鉄道の代表団を日本に招いた。

やって来たレーティッシュ鉄道の代表団は、素敵な贈り物を持ってきた。何と「箱根登山電車」ラッピングを施した機関車の大型模型、G ゲージを、ドイツの模型メーカー Märklin(メルクリン)に特注で作らせていたのだ。世界にただ1台の品である。

贈り物を受け取った箱根登山鉄道はレーティッシュ鉄道に感謝したうえで、地元仙石原にある模型工房が運営する「ガーデンレイルウェイ・カフェ」に預けた。

このカフェでは、敷地内にスイスの鉄道世界遺産「Landwasser Viaduct(ランドヴァッサー橋)」などを再現し、実際に G ゲージなどを走らせることができる。また鉄道模型の管理にかけては専門家といえる。

 特注品の G ゲージ は箱根を走った(出典:ガーデンレイルウェイ・カフェ)
特注品の G ゲージ は箱根を走った(出典:ガーデンレイルウェイ・カフェ)

G ゲージは実際にイベントでガーデンレイルウェイ・カフェを走ったが、同店によると普段は丁重に保管してあり、一般公開はしていない。より小さな模型は店内にも飾ってあるが、やはりメルクリンの特注品に比べると迫力は薄いとのこと。

だが、興味を持った人ががっかりするには早い。ガーデンレイルウェイ・カフェでは、この春からレーティッシュ鉄道の列車「Allegra(アレグラ)」号の模型がデモ走行するとのこと。

レーティッシュ鉄道のアレグラ号も模型になって箱根を走る
レーティッシュ鉄道のアレグラ号も模型になって箱根を走る

アレグラ号は箱根登山鉄道でも同名で似たデザインの新型車両を走らせており、2つの鉄道会社のもう1つの友情の印である。模型は見事な再現度で、カフェの敷地を走るさまは見ごたえがありそうだ。

それにしても、幾重にも結ばれた箱根登山鉄道とレーティッシュ鉄道のつながりをたどってみると、姉妹仲の良さは、はたから見ていて面はゆいほどだ。

ともあれ春の箱根に足を運ぶなら、100年以上前から現代に連綿と続くスイスとのつながりに思いを馳せつつ、カフェに立ち寄ってみるのも悪くないだろう。