カワサキは、310馬力のサーキット専用車「Ninja H2R」を7月10日に販売開始する。

310馬力のサーキット専用車「Ninja H2R」販売開始
310馬力のサーキット専用車「Ninja H2R」販売開始

「Ninja H2R」は、川崎重工グループの技術を結集して開発されたハイパフォーマンススポーツモデル。310馬力(ラムエア加圧時326馬力)を発生する998cc 水冷4ストローク並列4気筒スーパーチャージドエンジンを搭載している。

310馬力のスーパーチャージドエンジン搭載
310馬力のスーパーチャージドエンジン搭載

新設計のトレリスフレームは優れた剛性バランスで、直進安定性とスポーティなコーナリングを実現する。タンクやカウルには銀鏡塗装を施し、深みのある艶を与えた。

新設計のトレリスフレーム
新設計のトレリスフレーム

深みのある銀鏡塗装
深みのある銀鏡塗装

なお、「Ninja H2R」はサーキット専用モデルのため、公道での走行はできない。カワサキはナンバーを取得するために必要な書類を発行しないとしている。また、今回の販売は完全受注生産。締切後の受け付けはしないそうだ。


カラーは、ミラーコートブラック x リアルカーボン。メーカー希望小売価格は540万円。