トヨタ自動車の「LEXUS(レクサス)」ブランドから、クロスオーバー SUV「RX」の4代目モデルが登場する。4月1~12日に開催予定のニューヨーク国際モーターショーで世界初披露となる見通し。同社の予告サイトはシルエットを掲載している。

新型「RX」の姿は果たしてどんなものに
新型「RX」の姿は果たしてどんなものに

RX はレクサスを代表する車種の1つであり、17年前の初代モデル登場以来「プレミアムクロスオーバー」として認知されてきたと、トヨタは胸を張る。また新モデルについては「長く登場が期待されていた」はずと意気込んでいる。

予告サイトでは短い動画と、シルエットだけが確認できる。ジュネーブ国際モーターショーにおける LF-SA などの事前案内と同じスタイルだ。

小型車のコンセプトモデル「LF-SA」もまずシルエットをチラ見せし
小型車のコンセプトモデル「LF-SA」もまずシルエットをチラ見せし

次いでデザインの全貌を明らかに。毎回気を持たせる
次いでデザインの全貌を明らかに。毎回気を持たせる

なお、トヨタではライブ動画配信サービス「livestream」を使い、ニューヨーク国際モーターショーでの RX 発表のもようを生中継する計画。日本時間の4月1日22時10分より開始する。解説は英語のみだそう。