ジャガーは日本時間の3月25日早朝、ミドルサイズサルーン新型「ジャガー XF」での水上綱渡りスタントに挑戦。その模様をインターネットを通じて、世界に中継した。

新型「ジャガー XF」が水上綱渡りスタントに成功
新型「ジャガー XF」が水上綱渡りスタントに成功

綱渡りスタントが実施されたのは、英国ロンドンのウォーターフロント再開発地域であるカナリー・ワーフ。その水上18メートルの高さに張られた太さ34ミリのカーボンワイヤー上を、XF は走行した。

水上18メートルの高さに張られた太さ34ミリのカーボンワイヤー上を走行
水上18メートルの高さに張られた太さ34ミリのカーボンワイヤー上を走行

スタントには、映画『007』シリーズや『インディー・ジョーンズ』で活躍したスタントパフォーマーの Jim Dowdall 氏が協力。同氏は運転席に座り、240メートルのロープを3分で渡り切った。

水上綱渡りに成功したスタントパフォーマーの Jim Dowdall 氏
水上綱渡りに成功したスタントパフォーマーの Jim Dowdall 氏

同氏は今回のスタントについて、次のように述べている。

「私は35年を超えるキャリアを通じ、ハリウッド映画のセットの中でジャガーを何度も運転してきた。だが、今回のスタントには不確定要素が多く、難しいものだった。高い場所に張られたワイヤーは風からの影響を受ける恐れがあり、これが綱渡りの難易度をより高めた。ワイヤーの直径はわずか34ミリ。綱渡りには正確さとバランスとコントロールが要求された」

高い場所に張られたワイヤーは、風からの影響を受ける恐れがあった
高い場所に張られたワイヤーは、風からの影響を受ける恐れがあった

このスタントは、新型 XF の軽さとバランスの良さ、俊敏さをアピールするためのもの。新型 XF は他社の競合モデルよりも80キロ軽量だという。ボディが軽量化されたことで燃費は改善され、CO2の排出量も減少したとジャガーは述べている。


新型 XF は、4月1日からはじまるニューヨークオートショーで発表される予定。


ジャガー XF が世界最長の水上綱渡りに成功