Porsche(ポルシェ)の2人乗りオープンカー「ニューボクスター スパイダー」の予約受注が4月15日から始まる。ニューヨーク国際オートショーで初披露となったモデルだ。



先代のスパイダーの特徴を引き継ぎ、手動開閉式のクラシックなファブリック製ルーフを備え、トランスミッションは 6速 MT のみ設定している。スポーツサスペンションの改良により車高を 20mm 低くし、911カレラと同じブレーキを採用したという。

最高出力 375PS(276 kW)の 3.8L 6気筒エンジンを搭載。0-100km/h の加速は4.5秒。最高速度は 290km/h。燃料消費量(NEDC)は複合で 100km走行あたり9.9L。

エクステリアにはポルシェの人気スポーツカーやレーシングカーを思い起こさせる要素が盛り込まれている。例えば長めのリアリッドには流線型の膨らみが2つ設けている。ヘッドレストの後ろからリアエンドにかけて次第に小さくなっていく形状で、1960年代の718スパイダーを意識している。軽量トップはかつてのロードスターを思い起こさせるもので、リアに向かって伸びるフィンが特徴。フロントエンドとリアエンドには ケイマン GT4 と共通のパーツを採用する。


インテリアの特徴としては先代モデルと同様、運転席、助手席とも軽量なスポーツバケットシートを配した。直径 360mm の新らしいステアリングホイールも備えている。


希望小売価格は1012万円。ステアリングは右、左とも選べる。