花見の季節に、お座敷列車で焼きたてのカキを食べられる催し「花見カキ列車」を、今年も岩手県の私鉄、三陸鉄道が始める。宮古特産のカキを食べながらお酒を楽しみ、のんびり夜の北リアス線を往復する。

三陸鉄道のお座敷列車
三陸鉄道のお座敷列車

花見カキ列車は、三陸鉄道が東日本大震災の前から続けている企画だ。沿線の宮古漁協津軽石かき養殖組合が協力し、新鮮なカキを用意する。

こういうカキが出ます
こういうカキが出ます

今年は4月28日の18時集合、18時30分から新型お座敷列車「さんりくはまかぜ」が宮古駅と小本駅を1往復する予定。途中、田老駅のホームで焼きたてのカキがもらえる。

田老駅で焼きたてがもらえます!
田老駅で焼きたてがもらえます!

列車内ではほかにもビール、日本酒、つまみなどが頼める。また持ち込みも自由だ。

なお、乗車には事前の電話申し込みが必要で、締め切りは4月24日。料金は運賃、飲み物、食事代など込みで4,000円。定員40人なので早めに予約が埋まっている可能性はある。詳細は 三陸鉄道の Web サイトで確認されたい。