「OmniO Rider」はバックパック型のベビーカー。折り畳んだときのサイズは50x40x20センチで重さはわずか6キロと小型軽量なので、気軽に背負って持ち運べる。

バックパック型のベビーカー「OmniO Rider」
バックパック型のベビーカー「OmniO Rider」

子どもがある程度大きくなってくると、ベビーカーを嫌がり、自分の足で歩いてお出かけしたがるようになる。だが、そうやって歩いて出掛けた場合でも、しばらくするともう歩けないとむずがり始めたり、疲れて寝落ちしてしまうことも多い。

参考画像:お出かけ中に疲れて寝落ちした子ども  こうなると、もう歩けない
参考画像:お出かけ中に疲れて寝落ちした子ども
こうなると、もう歩けない

「OmniO Rider」はそんな子どもの寝落ちに対応するベビーカー。バックパックのように背負って持ち歩き、使用するときにベビーカーの形状に戻して利用する。折り畳んだ状態からベビーカーの形に変形するのに必要な時間は30秒。突然の寝落ちにも素早く対応可能だ。

30秒でバックパック(画像一番左)から、ベビーカー(一番右)に!
30秒でバックパック(画像一番左)から、ベビーカー(一番右)に!

「OmniO Rider」はまた、子どもを連れた自転車でのお出かけにも便利だ。自転車のチャイルドシートに子どもを載せ、「OmniO Rider」を背負って移動。ショッピングモールなどに着いたら「OmniO Rider」をベビーカーに変形させ、子どもを乗せて買い物を楽しめる。

がんばれ、お父さん!
がんばれ、お父さん!

「OmniO Rider」を開発した Innovation Makers は現在、クラウドファンディングサイト Indiegogo で、出資者を募集するキャンペーンを実施している。記事執筆時点では、350ドル出資することで「OmniO Rider」を1台入手可能だ(日本への送料が別途必要)。キャンペーン終了後の市販価格は499.95ドル。出荷は2015年10月を予定している。