販売価格9,800円で、HD 解像度に対応したドライブレコーダー「AUTO CAPSULE COWON AK1-8G-SL」が4月24日にコウォンジャパンから発売される。


100万画素 CMOS を搭載し、HD(1280×720ドット)解像度、30fps で録画ができる。

G センサーを搭載し、衝撃を検知して録画を保護する機能を備える。さらにバックアップスーパーキャパシタを内蔵し、事故発生時に車両の電源が不安定になったり切れたりしても安定して録画を残せる。記録媒体は最大 32GB の microSD メモリーカードに対応する。GPS 機能はないが、別売りの GPS 受信器と接続することが可能。

LED による録画表示が可能。3つのボタンで操作を行う
LED による録画表示が可能。3つのボタンで操作を行う

記録媒体は microSDHC メモリーカード、外部 GPS との接続も可能。
記録媒体は microSDHC メモリーカード、外部 GPS との接続も可能。

AV 端子を備え、カーナビゲーションシステムと接続して録画をリアルタイム確認できる。一方で、本体にディスプレイは付いていない。ほかの機器との組み合わせが前提と言える。

録画のようす。リアルタイムでカーナビなどから確認できる。
録画のようす。リアルタイムでカーナビなどから確認できる。

 
PC 向けアプリケーションが付属し、録画の時間、加速度グラフ、位置情報、速度情報の確認ができるほか、G センサーの感度などの設定ができる。本体サイズは102×21×34mm。