ウェザーニューズは、「4月こと座流星群」が観測ピークを迎える4月22日夜の全国の天気予報を発表した。22日は北日本ほど晴れて、観測に絶好の夜空となる見込みだとしている。

■4月22日の天気は?
22日の夜は、北日本では高気圧に覆われてよく晴れ、流星観測に絶好の夜空が期待できそう。東〜西日本では、南海上の低気圧や前線、湿った空気の影響で雲が広がりやすくなるため、雲の切れ間から流星観測となる見込み。九州や沖縄では、低気圧・前線が遠ざかるため、早朝にかけて観測チャンスが高まる予想。


今回公表された情報は、4月16日時点での予報をもとにした見解となっている。最新の天気については、同社の PC 向け特設サイト「4月こと座流星群 2015」、スマートフォン向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空 Ch.」で確認されたい。 

■「4月こと座流星群」とは?

「4月こと座流星群」は、以前は「こと座流星群」と呼ばれていたもの。出現数はそれほど多くはないが、ピーク時では1時間に5個から10個程度の流星観測が期待できる。母天体は公転周期が415年のサッチャー彗星で、活動期間は4月16日から25日まで。

今年の流星の極大予想時刻は4月23日の朝8時50分頃。すでに日の出を迎えているため、極大時刻に流星を観測することはできない。一方、月は4月22日の22時頃に沈む。このため、月の入り後の4月22日23時頃から23日明け方にかけてが最大の観測チャンスとなる。

「4月こと座流星群」の放射点である「こと座」は、22日の20時頃から北東の空に上る。深夜には放射点が天頂付近まで上り、流星が見つけやすくなる可能性が高い。


■「SOLiVE24」で「4月こと座流星群」を全国7か所から生中継!

24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、22日夜23時から25時まで特別番組を放送(事前番組は22時から)し、全国7か所のロケ先から流星を生中継する。番組は、テレビ(BS 910Ch)や YouTube、ニコニコ生放送からでも視聴できる。