折り込みチラシを広げ、スマートフォンを向けると「Audi(アウディ)A3」の拡張現実(AR)映像が浮かび上がる。こんなキャンペーンが4月19日まで実施中。チラシは17日付けの朝日新聞朝刊に挟まっているが、正直購読していない人は多いはず。でも実はアウディの Web サイトからダウンロードできる。

実物大 A3 のチラシを広げると、A3 を「買ったつもり」になれる
実物大 A3 のチラシを広げると、A3 を「買ったつもり」になれる

アウディのイベントでは、スマートフォンに AR アプリケーション「aug!」を入れておき、床に A3 の実物大折り込み広告を敷いてから撮影する。あとは Facebook や Twitter に「#チャレンジ実物大」というハッシュタグを付けて写真を投稿すればよい。

特に優秀な作品を公開した人は、賞品もある。2人が「平日5日間の Audi A3 Sportback ショーファーサービス」を、3人が「Audi A3 Sportback 実物大ベッド」をもらえる。

ショーファーサービスもいいけど、実物大 A3 ベッドが気になる
ショーファーサービスもいいけど、実物大 A3 ベッドが気になる

チラシのデータはアウディの Web サイトからダウンロードできる。ちなみに A4 サイズで56枚あるため、印刷後に貼り合わせる必要がある。ちょっとそれはという人には省スペース版もある。

チラシはこんな感じ。実物大は A4×56 枚を貼り合わせる。広い部屋と根気のある人向け
チラシはこんな感じ。実物大は A4×56 枚を貼り合わせる。広い部屋と根気のある人向け

アウディのディーラーでもチラシはもらえるが、そうなると恐らく店舗では実物の A3 にも会えるはずなので、何のために AR の A3 を持って帰るのかよく分からなくなりそうだ。