LEXUS「RX200t」が第16回上海モーターショーで発表された。これは、2015年ニューヨーク国際オートショーで公開された新型プレミアムクロスオーバー SUV「RX」の2.0L 直噴ターボエンジン搭載モデルだ。

2.0L 直噴ターボエンジン搭載モデル「RX200t」
2.0L 直噴ターボエンジン搭載モデル「RX200t」

参考画像:「RX」のハイブリッドモデル「RX450h」
参考画像:「RX」のハイブリッドモデル「RX450h」

「RX」は、セダンの乗り心地と SUV の快適性を兼ね備えた「クロスオーバー」モデル。今回発表された「RX200t」では、直列4気筒 DOHC インタークーラー付き直噴ターボエンジンを搭載。ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大した Dual VVT-iW を組み合わせ、最高出力170kW 以上を目指している。また、6速オートマチックトランスミッションと組み合わされたパワートレーンは、低速域から高速域まで滑らかで力強い加速を実現するとともに、燃費・環境性能を両立している。

「RX200t」に搭載された直列4気筒 DOHC インタークーラー付き直噴ターボエンジン
「RX200t」に搭載された直列4気筒 DOHC インタークーラー付き直噴ターボエンジン

「RX200t」の日本での発売は、2015年秋以降に予定されている。