セグウェイみたいな電動一輪バイク「ONEWHEEL(ワンホイール) i-1」の国内販売が決定された。2015年夏ごろから約200台程度、テストモニターに対して限定販売される。

セグウェイみたいな電動一輪バイク「ONEWHEEL(ワンホイール) i-1」
セグウェイみたいな電動一輪バイク「ONEWHEEL(ワンホイール) i-1」

「電動一輪バイク ONEWHEEL(ワンホイール) i-1」はセグウェイ同様、重心移動によって操縦する乗り物。だがそれに加え、「ハンドルで曲がる」「ブレーキで止まる」「アクセルで進む」といった、バイク同様の操作も可能になっている。自転車に乗れる人であれば、比較的短時間で乗りこなせるようになるという。

重心移動に加え、ハンドル操作が可能に
重心移動に加え、ハンドル操作が可能に

航続可能距離は、1回の充電で15~30キロ程度。ハンドル下側のタンクに見える部分には予備のバッテリーが搭載でき、バッテリーを交換しながら走ることで45~60キロ程度の移動も可能だ。最高速度は時速20キロ程度。本体重量は25キロ程度と、バイク車両としては世界最軽量レベルとなっている。

価格は24万8,000円から29万8,000円前後になる予定。テストモニターについては、「ONEWHEEL i-1」の Web サイトで近日中に募集開始される。来年度以降は、生産規模の増強も予定しているという。