東京ディズニーシーに「北欧」をテーマとした新テーマポートが建設される。このテーマポートでは、ディズニー映画『アナと雪の女王』の世界を体験できるエリアも含まれる予定だ。

「北欧」をテーマとした新テーマポート
「北欧」をテーマとした新テーマポート

建設予定地は、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」などのアトラクションが設置されている「ロストリバーデルタ」の南側。ここに8つ目のテーマポートとして開発される。

新テーマポート建設予定地
新テーマポート建設予定地

また、東京ディズニーランドでは、「ファンタジーランド」の再開発が計画されている。バックステージ、駐車場、および「トゥモローランド」の一部が「ファンタジーランド」に組み込まれ、面積は現在の約2倍となる予定だ。新たな「ファンタジーランド」は複数のエリアで構成され、その一部はディズニー映画『美女と野獣』『ふしぎの国のアリス』の世界観を表現したものとなる。

ファンタジーランド内の『美女と野獣』をテーマとしたエリア
ファンタジーランド内の『美女と野獣』をテーマとしたエリア

ファンタジーランド内の『ふしぎの国のアリス』をテーマとしたエリア
ファンタジーランド内の『ふしぎの国のアリス』をテーマとしたエリア

導入時期は、新テーマポート、ファンタジーランド再開発ともに2017年度以降とされている。