クルマを運転中に、いつもと違った音楽をストリーミング再生してくれるカーナビゲーションシステムをパイオニアが開発した。5月上旬から順次発売となる。スマートフォンやカーオーディオで同じ楽曲ばかり聞いているのに飽きたという人向け。オープン価格となっている。

AVIC-VH0999S
AVIC-VH0999S

最近はさまざまな楽曲をラジオ風に自動再生するストリーミングサービスが数多く登場しているが、それをパイオニア製カーナビの一部ですぐ利用できるようにしたもの。該当するのは「カロッツェリア サイバーナビ」ブランドの新製品「AVIC-ZH0999LS」「VH0999S」「ZH0999WS」「ZH0999S」「ZH0999L」「VH0999」「ZH0999W」「ZH0999」。

AVIC-ZH0999LS
AVIC-ZH0999LS

いずれもレコチョクの音楽ストリーミングサービス「replay」の使用権1年分(3,000円分)が付いている。iPhone や Android スマートフォンに専用アプリケーションを入れておくと、カーナビと連携させて、インターネット経由で色々な音楽を聴ける。独自のレコメンド機能で気分や好みに合う楽曲を再生することが可能だ。

さらにスマートフォンまたは別売のフリップダウンモニターやリアモニターを使って、再生中の楽曲の歌詞を表示できる。楽曲からボーカル部分をカットして「BGMモード」で再生することもでき、歌詞を見ながらカラオケとしても使える。

また独自技術で楽曲をミックス再生する「MIXTRAX」機能も利用可能。これに加え電話の発着信時に、楽曲を一時停止して「ハンズフリーモード」に切り換え、通話終了後に再開する機能もある。

このほか、2チャンネル音源の音質を向上させる「バイアンプモード」を一部モデルに搭載している。

カーナビの機能としては、データ通信により渋滞や交通規制、天候情報を蓄積、表示できる。また車載カメラと組み合わせ、車間距離などの注意喚起を行う「ドライブサポート」も利用できる。リアモニターやパワーアンプ、ETC ユニットなどほかにも多様な周辺機器と組み合わせられる。

目的地に関連するキーワードを声に出すだけでルートを探せる「フリーワード音声検索」にも対応する。専用パソコン向けアプリケーションを使って、SD メモリーカードを介して最大3年間追加費用なしで最新の地図データに更新が可能だ。