折り畳み自転車「SLIKE(スライク)」が6月1日に、カインズ100店舗で販売開始される。

“スライドさせて畳む”折り畳み自転車「SLIKE(スライク)」
“スライドさせて畳む”折り畳み自転車「SLIKE(スライク)」

「SLIKE」は、「スライドさせて畳む」折り畳み自転車。簡単に畳めるだけでなく、畳んだ状態でもスリムなので、マンションやオフィス等、スペースがない場所でも収納できる。

「SLIKE」乗車時の状態
「SLIKE」乗車時の状態

折り畳み状態
折り畳み状態

開発にあたっては、カインズ社員を対象にアンケートを実施。折り畳み機構を利用しない理由や、折り畳み機構への不満等をもとに開発を進めたという。

■「SLIKE」の特徴
◆サドルをスライドさせることで、簡単に折り畳める

カインズ社員を対象に実施したアンケートにより、折り畳み自転車を所有している人の多くは、折り畳まないで利用していることがわかった。理由は、折り畳み方が難しく、面倒くさいだめだという。

「SLIKE」では、サドルをスライドさせる新機能を導入。わずか4つのステップで折り畳みが可能で、全長を約150センチから115センチにまでコンパクトにできるようにした。


“スライドさせて畳む”折り畳み自転車「SLIKE(スライク)」

◆折り畳んでもスリム
二つ折りに畳む自転車は、折り畳むと厚みが増し、保管場所に困ることがある。「SLIKE」はこの問題も解決。前後にスライドして折り畳むため、折り畳み状態の形状がスリムで、保管しやすい。

◆折り畳んだまま転がせる
折り畳み自転車は折り畳んでも車重が軽くなるわけではない。むしろ、車輪が動かない分、持ち上げて運ぶのが大変になるケースが多い。「SLIKE」は、折り畳んだ後も車輪が動くシステムを採用。自転車の重量を気にすることなくラクに持ち運びができる。

気になるのは、折り畳んだあと、ベルト(おそらくベルクロ)で固定するシステムを取っている点だ。筆者は折り畳み自転車「エクスウォーカー」を所有しているが、この自転車もベルクロで固定するタイプ。だが、ベルクロはある一定の期間が経過すると劣化し、吸着力が低下する。できれば、長期間利用可能な別のシステムに変更してほしい。

折り畳み自転車「エクスウォーカー」  折り畳み時にはベルクロで固定する
折り畳み自転車「エクスウォーカー」
折り畳み時にはベルクロで固定する

とはいうものの「SLIKE」の価格は1万9,800円。価格を考えれば、十分に許容範囲なのかもしれない。