マクラーレンは、世界500台限定モデル「McLaren675LT」の実車を日本で公開した。


「McLaren675LT」は、パフォーマンスと軽量化、そしてドライバーとの一体感を目標に開発したモデル。この目標を実現する鍵となったのが、「ロングテール」と呼ばれ、マクラーレン史上最もピュアな GT スポーツと謳われた「マクラーレン F1 GTR」だった。675LTの“LT”は、「ロングテール」に由来している。


サーキットにフォーカスしながらも、オンロード走行での法的基準を満たすため、並行して生産が継続される650S Coupe/Spider と比較して、全体の1/3のパーツが変更されている。


675LT は、他のスーパーシリーズの長所を受け継ぎつつ、100kg 以上の軽量化に成功。これを実現したのは、軽量なエンジン、シャシー、ボディ構造に加え、ボディ・パネルへのカーボン・ファイバーの採用だった。


0-100km/h はわずか2.9秒。これは、トラクションを最適に制御する優秀なドライブトレインによるもの。0-200km/h までの加速は8秒の壁を破る7.9秒と、加速性能についても妥協していない。最高速度は330km/h となっている。


「McLaren675LT」の日本国内における車両価格は4,353万4,000円(消費税込み)。