日産自動車の電気自動車(EV)が、特撮番組「ウルトラマン」シリーズの最新作「ウルトラマン X」でも活躍する。「リーフ」をはじめ「e-NV200」それに「e-NT400」などが劇中に登場予定だ。


日産の EV といえば、すでに前作「ウルトラマンギンガS」でリーフや e-NV200 が活躍しているが、7月14日から放送が始まるウルトラマン X では新たに電気トラックである e-NT400 も加わる。日産の電力供給システム「LEAF to Home」なども登場し、 EV の特徴を生かして主人公たちを助ける役割をこなしていくそう。

ウルトラマンギンガ S でも活躍したリーフをはじめ
ウルトラマンギンガ S でも活躍したリーフをはじめ

e-NV200
e-NV200

新顔 e-NT400 も登場する
新顔 e-NT400 も登場する

ウルトラマン X の放送に向けて、ディーラーや商業施設などでイベントも実施する。まず「東京ビッグサイト」で6月20、21日に一般公開される「東京おもちゃショー2015」では、日産リーフの本特別仕様車を展示するそう。

さらに、ウルトラマン人気の高い外国でもイベントを実施予定だ。すでに e-NV200 を販売している香港などが対象という。