電動二輪車「bycle(バイクル)」3機種が7月6日に販売開始される。

電動二輪車「bycle(バイクル)」販売開始  (画像は「bycle P3」)
電動二輪車「bycle(バイクル)」販売開始
(画像は「bycle P3」)

bycleは、オートバイ(bike)と自転車(cycle)の中間の乗り物。5キロ程度の近距離移動に特化している。ガソリンバイクよりも維持管理が簡単で、自転車よりも楽に移動できるのが特徴だ。走行コストはガソリンバイクの12分の1程度。自宅のコンセントから充電できるので、近所にガソリンスタンドが無くても利用できる。

走行コストはガソリン二輪車の12分の1程度
走行コストはガソリン二輪車の12分の1程度

今回販売されるのは、「bycle P3(ピースリー)」「bycle C5(シーファイブ)」「bycle B1(ビーワン)」の3機種。それぞれの特徴は次の通り。

■「bycle P3(ピースリー)」
「bycle P3」は、36キロの軽い車体が特徴。自転車のようなペダルが付いており、バッテリー切れのときにはペダルを漕いで進むことができる。1回の充電での走行可能距離は42~50キロ。

バッテリーは約5キロと軽量
バッテリーは約5キロと軽量

■「bycle C5(シーファイブ)」
「bycle C5」は、お手頃価格のエントリーモデル。10万円を切った価格が魅力だ。重さは45キロで、1回の充電で走行できる距離は35キロから40キロ。

お手頃価格のエントリーモデル「bycle C5」
お手頃価格のエントリーモデル「bycle C5」

◆「bycle B1(ビーワン)」
「bycle B1」は、ハイグレードモデル。低いシート高で、背の低い人でも両足が着きやすい。走行速度を自動的に一定に保つオートクルーズ機能が搭載されている。重さは68.6キロ。1回の充電で走行できる距離は45キロから50キロ。

オートクルーズ機能が搭載されたハイグレードモデル「bycle B1」
オートクルーズ機能が搭載されたハイグレードモデル「bycle B1」

メーカー希望小売価格は、「bycle P3」が12万8,000円、「bycle C5」が9万9,800円、「bycle B1」が14万8,000円(価格はいずれも消費税別)。なお、乗車には原付免許証が必要で、ヘルメット着用が義務付けられる。