ヤンマーのくりだすスタイリッシュな農機シリーズに新たに田植機「YR-J」シリーズが加わった。中小規模の農家や兼業農家が、簡単に扱え、安心して作業ができ、省力化につながるよう設計してあるという。

F1みたい
F1みたい

デザインは世界的工業デザイナーでありヤンマーホールディングスの取締役である奥山清行氏。新型トラクター、コンバイン、耕うん機とおそろいで、ヤンマーのコーポレートカラーである赤をより際立たせる「プレミアムレッド」と純白の「プレミアムホワイト」を使っている。

赤と白の鮮烈なカラーリング
赤と白の鮮烈なカラーリング

デザインは変わったが、ヤンマーの従来モデルが備えていた各種機能は引き続き搭載している。ペダルの踏み具合のみで発進、加減速、停止を切り替えられる「ペダル変速 e-move」や、手植えのように美しく1台で苗の疎植から密植までできる「ジャストアーム」、枕地の旋回作業を省力化する「すこやかロータ」、残った肥料の排出が簡単に素早く行える「高速排出ホッパー」などだ。

新機能として、ペダル変速を使いやすくする「速度設定機能」も搭載。また燃料ゲージやアワメータの追加、個別キーの採用などサービス、管理面でもより使いやすく改良したという。

希望小売価格は128万5,200円~249万4,800円(税込)。