恐竜の化石型自転車「T-Rex Art Bike」が米国のクラシファイドコミュニティサイトCraigslistで販売されている。

恐竜の化石型自転車「T-Rex Art Bike」
恐竜の化石型自転車「T-Rex Art Bike」

Craigslistでの商品説明によれば、「T-Rex Art Bike」は出品者による手作り。子どもの頃からの「恐竜に乗りたい!」という夢をかなえるために数か月をかけて製作されたという。だが、実際にこの自転車に乗って街を走ると、街ゆく人々からの注目を集めてしまうことになってしまった。出品者は目立つことが嫌いなエンジニアで、これに耐えられず、売却を決意したそうだ。

街を走れば、人々の注目を集める
街を走れば、人々の注目を集める

「T-Rex Art Bike」の頭からしっぽの先までの長さは約3.66メートルで、幅は1.68メートル。そして高さは2.6メートル。これは12歳のT-Rexと同じサイズだそうだ。シートは地上から約1.5メートルの位置にあり、乗車にはハシゴが必要となる。

乗車にはハシゴが必要  降車場所にも、ハシゴが必要だろう
乗車にはハシゴが必要
降車場所にも、ハシゴが必要だろう

「T-Rex Art Bike」のベースとなったのは、9段変速機付きのリカンベント・トライク。これに“骨”を取り付けて製作された。“骨”のうち、頭部についてはハンドルで操作可能。左右に振ったり、口を開いたりできる。前足はペダルから操作できるので、道行く人からの声援に手を振って応えることも可能だ。

頭部はハンドルで操作可能  手を振ることもできる
頭部はハンドルで操作可能
手を振ることもできる

「T-Rex Art Bike」は見かけよりも安全で、最高時速24キロで走行でき、ブレーキなども完全に機能するという。取り扱いは若干難しいが、「ジュラシック・パーク」に住む「T-Rex Art Bike」の“いとこ”とは異なり、群衆を襲ったことはこれまで一度もないそうだ。

これまでには一度もない  …多分、今後もないとは思う
これまでには一度もない
…多分、今後もないとは思う

出品者は、「T-Rex Art Bike」は毎日の通勤に使用するには向かないが、パレードに参加するには最高の自転車であると述べている。

パレードにぴったり!  …でもこの人、ほんとに目立つのが嫌いなのだろうか?
パレードにぴったり!
…でもこの人、ほんとに目立つのが嫌いなのだろうか?

価格は2,000ドル。残念(?)だが、日本には配送してくれないようだ。