富士急ハイランドのお化け屋敷「最恐戦慄迷宮 -暗黒病棟-」が7月25日、「絶凶・戦慄迷宮」としてリニューアルオープンする。

「最恐戦慄迷宮 -暗黒病棟-」が「絶凶・戦慄迷宮」としてリニューアルオープン
「最恐戦慄迷宮 -暗黒病棟-」が「絶凶・戦慄迷宮」としてリニューアルオープン

今回のリニューアルでは、人間の感じる恐怖を徹底的に追求。真っ暗な闇を歩く「暗闇通路」、逃げ場のない「監禁部屋」を新設し、闇、音、温度、におい、圧迫感など、人間の本能的な恐怖を体験できるという。

一番の絶凶ポイントとなるのが、歴代最恐の最終部屋「巨大人体実験室」。過去最大規模の広さの中を、いつどこから襲われるかわからない状態で進み、極限の恐怖を体感できる。

■「絶凶・戦慄迷宮」施設概要
・建物:二階建て(一部中二階)
・所要時間:約50分~
・歩行距離:約900メートル
・利用制限:小学生以上(小学生は中学生以上の同伴が必要)
・収容人員:1日1,000~1,500人限定
・利用料金:500円(フリーパス利用不可)