左ハンドルの特別仕様車 メルセデス・ベンツ「C 200 Sports Edition」の注文受付が7月16日に開始された。販売台数は限定700台。発売は7月下旬を予定している。


「C 200 Sports Edition」はCクラスの主力モデル「C 200 AVANTGARDE」に、顧客からの要望を受けて導入された左ハンドルの特別仕様車。「ベース仕様」と「本革仕様」の2つのラインナップが用意されており、両仕様ともに「AMGスタイリング」「AMGライン」が特別装備されている。


「ベース仕様」には共通装備に加えて、「シートヒーター(前席)」「アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)」などを含む「ベーシックパッケージ」が標準装備された。「本革仕様」にはベース仕様の装備に加え、本革シートなど質感と快適性をさらに高める豊富な装備で構成される「レザーエクスクルーシブパッケージ」と「パノラミックスライディングルーフ」が標準装備されている。


外装色は「オブシディアンブラック」と「ポーラーホワイト」。メーカー希望小売価格は「ベース仕様」が606万円で、「本革仕様」が680万円(いずれも消費税込み)。