フォルクスワーゲン「Golf」シリーズに、本格的なクロスオーバー4WDステーションワゴン「Golf Alltrack(ゴルフ オールトラック)」が追加され、7月21日に販売開始された。


「Golf Alltrack」のベースとなっているのは「Golf Variant」。その積載力(605~1,620リットル)の高さと使い勝手の良さはそのままに、フォルクスワーゲン独自の四輪駆動システム「4MOTION」が搭載された。


エクステリアには、クロスオーバー4WDモデルであることを強調するさまざまなアイテムが装備されている。前後の専用バンパーには、クローム装飾がアクセントとして用いられている。左右ドアの下部には黒いサイドシル、ホイールアーチには黒いホイールハウスエクステンションが装着された。


インテリアでは、専用デコラティブパネル、ドアシルプレート、「Alltrack」ロゴ入り専用ファブリックシートなどを採用。「Golf Variant」とは異なる、クロスオーバーモデルであることを強調している。



エンジンには、「Golf」シリーズでは初めてとなる1.8リットルTSIが採用された。最高出力は132kW(180PS)で、最大トルクは280Nm(28.6kgm)。このエンジンに組み合わされるギアボックスは湿式多板クラッチ式の6速DSGで、オンロードはもちろん、粘り強い走りが求められるラフロードにも対応するドライブトレインを構成している。


サスペンションは、「Golf Alltrack」専用のもの。この専用サスペンションの採用により、最低地上高が「Golf Variant」に比べ25ミリ高くなり、ラフロード走破性がさらに高まった。



ドライビングプロファイル機能には、通常の「ノーマル」「エコ」「スポーツ」「カスタム」に加え、「Golf Alltrack」用に専用開発した「オフロード」モードが追加された。このモードを選択すると、アシスタンスシステムがラフロード走行用プログラムに変更される。

・ABSの調整:制動距離をより短縮するためホイールロックの間隔を制御
・ヒルディセントアシスト:下り勾配で車速が一定になるよう自動制御
・アクセルペダルの特性変更:踏み込みの反応特性を変更し、緻密にアクセルをコントロール

この「オフロード」モードにより、「Golf Alltrack」はラフロードでもSUVに匹敵する高い走破性能を発揮可能となった。


希望小売価格は「Golf Alltrack TSI 4MOTION」が347万円で、「レーンキープアシストシステム“Lane Assist”」などを装備した「Golf Alltrack TSI 4MOTION Upgrade Package」が367万円。