富山県の黒部峡谷トロッコ電車は今年、運行開始が大幅に遅れた。理由は峡谷にかかった巨大な雪の橋「スノーブリッジ」のためだ。今回この自然の驚異がいつ崩壊するかをあてた人に賞品を贈るキャンペーンが始まった。

これ、土砂じゃなくて雪!
これ、土砂じゃなくて雪!

黒部・宇奈月温泉観光局によると、今年は黒部峡谷トロッコ電車沿線の欅平駅より徒歩約15分のところにある名剣温泉付近で高さ20mにも及ぶ巨大なスノーブリッジが出現した。電車の運行に遅れが出た。

夏を迎え、この自然が生んだ構造物も崩壊する見通しだが、いったいいつになるのか。崩壊日の予測を8月31日まで募集する。応募方法ははがき、FAX、Facebookメッセージのいずれか。1人1回のみ参加できる。崩壊時期は週単位で回答する。「今年は崩壊しない」という予想も有効だそう。

正解した人に当たる賞品は「祖母谷温泉ペア宿泊券(2万円相当)」が2組、「黒部峡谷トロッコ電車往復ペアチケット(3,500円相当)」が5組、「名剣温泉ペア昼食券(6,000円相当)が5組、「猿飛山荘ペア昼食券(4,000円相当)」が3組、「黒部峡谷鉄道ノベルティーグッズ(2,000円相当)」が9人。

正解発表は崩壊確認した週もしくはトロッコ電車運行終了後。多数正解の場合は、抽選になるそう。詳細は黒部・宇奈月温泉観光局の公式サイトで確認されたい。