8月1日から、東京メトロ有楽町駅に富山県の物産を買える「ご当地自動販売機」が登場する。富山の変わったご当地グルメなどが買える。

富山のご当地自販機、そういうのもあるのか!
富山のご当地自販機、そういうのもあるのか!

富山県によると、3月の北陸新幹線の開業によって、首都圏における同県の認知度が高まってきたところ、特産品を扱うご当地自動販売機を自治体として初めて東京メトロの駅構内に設置することにしたという。

どんなものが買えるかというと、富山県を代表する、黒醤油のご当地ラーメン「富山ブラック」(670円、税込、以下同じ)、銭湯の黄色い湯おけでなじみ深 い「ケロリン」のボディタオル「ケロリン垢すり」(540円)、富山湾で捕れたほたるいかを燻製にした「幸のこわけ ほたるいか燻製」(540円)。

左から富山ブラック、幸のこわけ ほたるいか燻製、ケロリン垢すり
左から富山ブラック、幸のこわけ ほたるいか燻製、ケロリン垢すり

自販機の設置場所は有楽町駅のD4出入口付近とのこと。