自転車用ライト「ロード・トレースセンサーライト」が、自転車ブランド「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)」から販売開始された。路面の明るさに応じて照度を自動調整する機能が搭載されている。


「ロード・トレースセンサーライト」の特徴は、自動調光コントロール(ADC)センサーが搭載されている点。5~8メートル先の路面の明るさを感知し、暗い場所では高出力モード、明るいところでは省エネモードに自動的に切り替る。走行に適した明るさで路面を照らすことで、サイクリストの視認性・被視認性を高めるだけでなく、バッテリーをより効率的に利用し、長時間の使用を可能にしている。



「ロード・トレースセンサーライト」のもう1つの特徴は、「ロービーム」仕様である点。対向車などを眩惑しないよう上方向を照らす不要な光をカットしている。


「ロード・トレースセンサーライト」の取り付けには工具は不要。ライト本体のハンドルバーへの取り付け/取り外しも簡単なので、充電時の取り外しもスムーズだ。充電はUSBケーブル経由で行う。



希望小売価格は5,000円(消費税別)。